HOME>ホットトピックス>年収減少時代の賢い住まいの選び方に関すること

収入減少の現代での家の選び方

家族

現代はサラリーマンの年収は減少傾向にあります。それはコロナ禍でますます加速し広島でも深刻な問題です。こうした状況で家を購入することは厳しくなっています。年収が下がった場合こそ住まいの確保を真剣に検討しなければいけません。賃貸住宅よりも家を購入してしまったほうが将来的に固定費は安くなるのも事実です。しかし新築住宅の購入はハードルが高いでしょう。こうした場合には中古の不動産を購入することを検討するとよいです。中古物件に焦点を当てて選ぶことで、自分の収入やライフスタイルに合った住まいを手に入れることができます。

中古物件の魅力について

広島には優良物件といわれる不動産がたくさん存在します。中古であるから住まいとして何か劣っているというわけではありません。確かに築年数が経過し、新築のような見栄えでないことは確かです。しかし昭和や平成に建築された中古マンションなどは、広島駅周辺など立地条件が良く理想的なアーバンライフを実現することができます。マンションの室内はリノベーションされて新築とそん色なかったり、自分で好きなようにおしゃれにDIYできたりするなど魅力的な点もたくさんあります。なによりも中古物件は値段が安く、家計に優しいのが最大の魅力でしょう。このように家という固定費を安く抑えることができたら、年収が減少しても家の売却を迫られることもなく安心して住み続けることができます。

広告募集中